<< 似て非なるもの | main | いい写真が撮れたぞ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

Valentine
昨日は バレンタインデーということで、巷では「本物」より「義理」がたくさん舞っているのだろうなぁ。と思いつつ 「要らないから・・」と断るわけにもいかず、来月の出費はどれくらいになりそうなんだろう?と不安な思いを持ちながら・・・ たくさん「いただきました」義理を  !!

バレンタインデーには、いろいろ思い出があるが、15年前のことを語ってみよう!

大好きな エルトンジョンを初めて生で観れるという日が ちょうど2月14日だった。
場所は 日本武道館で、エルトンとレイクーパーの二人のコンサートだった。
プロレスも大好きだったので、猪木や武藤などを応援しに「武道館」には何度も足を運んでいたが、コンサートは 実は初めてであった。
そ し て 「手元にあるチケットは二枚」 誰を誘うか。 当時シングルで彼女もいなかった僕は大いに悩んだものだった。 バレンタインデーということが 下手に災いして「誘うと好きだと勘違いされちゃうよな〜」とか余計な気を回しすぎ、やっとお相手をお願いしたのが当時務めていた会社の秘書課のお局さまだった。
今にして思えば、そのお局様は、「残業してた僕によく気を使って差し入れをしてくれていた」ので多少はその気があったのかもしれないな(爆)
が、 初生エルトンの僕は「超舞い上がり」!! のっけから「Your Song」だったもので思わず感涙。
不覚にも ず〜っと涙が出っ放しだったのだ! 武道館の3階席はほぼ満席。 そしてほぼ密着だったので、「変なやつ〜」と思われたのだろう。 翌日以降の「お局様」の態度は妙によそよそしく・・・・・
淡い恋の思い出と消えてしまったのでした。(笑)
翌日は リベンジと称して「ひとり」分のチケットをダフ屋で買い、アリーナでしっかり楽しみました!
そんな思い出もあったElton JohnとRay Cooperのライブコンサート、Ray Cooperのパーカッションプレイがとにかく素晴らしくて、「芸術的!!」のひとこと。 たった二人であそこまで演りきってしまうなんて。 密かにRayのプレイを思い出しながら、アパートで「仮想タンバリン」練習をしたものでした。
そんな 思い出のあるコンサート、新宿の海賊版屋漁りをしてもみつからず・・・・・ ひょんなことで手に入れたのが、TO RUSSIA...WITH ELTONというビデオ! 
1979年にエルトンレイ・クーパーの2人だけによるソ連公演「A SINGLE MAN IN CONCERT」のドキュメンタリーだ。(海賊版ではなく、れっきとした正規版)
当時は、西側と東側で音楽の交流が無く、スポーツ・文化すべての面において"鉄のカーテン"がしかれていた。それを初めて破ったのがエルトンだった。正にサーエルトンの称号が相応しいとにんまりしながら観ていた。
都度つど「また 二人で来ないかなぁ?」と密かな期待をしつつ時はどんどん過ぎてしまいました。
去年、「ビデオテープ」DVD化計画を発動し、こつこつとDVDに焼きながら 悲しい事実に突き当たってしまいました。 「テープが焼けている」のです。 焼けているといっても観れないのではなく、保存状態が悪かったのか、色が飛んでいて 明るすぎて・・・・ とても観れたしろものではないという(涙)
パソコンで「画質」を調整し、なんとか観れる状態にしてやっとDVDに焼いたのデス(皆さんも古いビデオテープ見直してみたほうが良いかもよ)

最近になって、Live at the greek theatre 1994 with ray cooperという 海賊版DVDを手に入れた。(最近は 海外で放映されたテレビ映像も手軽にGet できる便利な時代になった)

や・ は・ り。 Ray Cooperは素晴らしかった!!!!

この二人のコンサートは やはり世界でも望まれているのか、再開されているらしい。

来ないかなぁ? ブルーノート東京あたりで演ってくれたら 絶対かぶりつきで観たい!
もちろん パーカッションの前でね。

これを読んで 観たくなった あなたのために。。。 ちらりと お見せしマス!




| つぶやき | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | - | - |









http://elton.jugem.jp/trackback/97