<< 深読み?? | main | 今さら ホール&オーツ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

龍馬伝に見る「光と陰」
 大河ドラマでは、久々に「期待感」を持って観ているのが、「龍馬伝」である。
学校の教科書や歴史書からでは決して伝わってこない坂本龍馬の「感情」や「思い」というものをうまく表現しているなぁと感じる次第。

もうひとつ 感じているのは「質感」だ。
最新技術を使って、今をときめく俳優の「福山雅治」など豪華キャスト、そして若いスタッフなども一緒になって創っているドラマであるハズなのに・・・・・・
妙に「古臭いなぁ」と感じるのは、僕だけだろうか?
たとえて言えば、「10年前のテレビドラマをビデオテープで保存しておいて、久しぶりに見た時の感じ」とでも言えば判りやすいかな。
画面から、「時代」を伝える「質感」がびんびんと伝わってくるのだ。
イントロで流れる「タイトルバック」などの創り方は、最新技術・アイディアのテンコ盛り状態だからそう感じるのかなと思って 今日も観ていました。

自分も「北上市民劇場」での映像制作に関わったりするようになって判ったのですが、「光と陰」、そして全体的な「色合い」なんですね。
それによって、同じフィルムでも全然見え方が違うんです。

龍馬伝も、きっとそんな意図があるような気がするのです。
なので 僕の視点は「龍馬」や「岩崎 弥太郎」の人物像もさることながら、どうしても「映像」の「質感」に行ってしまうのでした。

今日のお勧め!!!
評価:
---
ショウゲート
¥ 2,325
(2006-06-23)
コメント:未解決の「三億円事件」を題材にした激レアなテレビドラマ「悪魔のようなあいつ」。 その続編と言っても過言ではないこの作品。一介の教師ふぜいが「原子爆弾」?ってのも「奇抜」だけど、妙にリアリティがあり、ハリウッドコメディ映画を髣髴とさせる楽しい作品デス。

| つぶやき | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | - | - |
Youさん おひさしゅうございます。

龍馬伝は、まるで映画のようですねぇ。
これからが楽しみですね。

岩崎弥太郎のことは、昔「三菱商事」に関わる仕事をしていたことがあり、「創業者」として業界では有名でしたよ。

タイトルバックもかっこ良すぎですね。
実は、僕の友人の教え子も「龍馬伝」の撮影スタッフとして働いているとのことで、いろんな角度から興味が尽きないドラマなのデス
| CFエルトン | 2010/02/08 7:47 PM |
お久し振りです

日記もお久し振りですね!(笑)

自分も龍馬伝、観ておりますよ!

大河ドラマは新撰組以来です。。。

福山雅治は相変わらず何をやってもカッコいいですね・・・はいはい・・・って感じですが(笑)

岩崎弥太郎役の香川照之は本物ですね!
演技完璧です。。。
観てて、ユニークで。。。

所々〜無名の俳優使えばなぁ〜って役もありますが・・・


歴史にうとい馬鹿な自分でも観てて分かりやすい設定です(笑)

このドラマの映像〜淡く、所々〜セピア色に見える所が好きなとこです。

そして、初回放送を観た時、タイトルバックのかっこよさにやられました。

まんまと引っかかったって感じで観てますよぉ〜
龍馬より〜岩崎弥太郎をもっと知りたいと思いました。

って・・・そう言うドラマかな?(笑)
| You | 2010/02/08 5:07 PM |









http://elton.jugem.jp/trackback/93