<< リーマンといっても・・・・・ | main | 龍馬伝に見る「光と陰」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

深読み??

昨日は「素数」と「暗号」について 思うところを書いた。

昨年のことになるが、ドキュメンタリー風の番組で
「リーマン予想」に翻弄された数学者たちの話を放送していた。
学者たちが、時に自分を見失い、次々と病に倒れた魔性の問題という側面も興味津々だったが、
暗号問題にふれたところで、ドイツのエニグマ暗号を解いたチューリングの話しが出た。
チューリングといえば、コンピュータの概念を唱えたひととして知られている。
彼が謎の自殺を計ったとき、青酸カリ入りのりんごがひとくちかじられたままだったとか?

この齧られたりんごで思い出したのが、今をときめくApple社である。
そう Appleのマークのりんごもひとくち齧られているのだ!
bite(かじる)という言葉とbyte(バイト)をかけてひとくち齧ったデザインになったらしいのだが、深読み好きなエルトンさんは 絶対関連があると信じているらしい。

リーマンショックから、世界経済が立ち直るキーは果たして・・・「り ん ご」なのかも知れない。

などということを、考えながら・・・・
今日は、エルトンCD庫から「蔵出し」の逸品を・・・・
John McLaughlin Unreleased LP 1974
 僕の大好きなギタリストであるJohnもこんなに若かったんだなぁと
奏でられるのは、奥さんのEveとのデュエットだ。 といっても
歌だけではなく、
ハープや12弦ギターやハンドベルなども使い
とても幻想的な曲を奏でている。
これが、リリースされていない幻のLP もっとも僕はLPではなく
CDでこれを聴いているのだが・・・
心を落ち着けたい。 そんなときに聴く一枚である。
今日は りんごを齧りながら聴いてみようか(笑)


01 : Peace
02 : In The Depths of my Heart a Bluebird Sings
03 : Oh My Soul My Friend
04 : unknown title (possibly John McLaughlin playing indian Vina)
05 : Share The Joy **
06 : Oh My Soul My Friend
07 : Peace *
08 : Two and One
09 : Earth Bound Hearts
10 : Devotion
11 : interview with John & Eve McLaughlin
| つぶやき | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | - | - |









http://elton.jugem.jp/trackback/92