<< アンドロイドはユニコーンの夢を見る?? | main | Dedicate to the spirits of our GM >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

こころが、ちょっと暖かくなる映画!
最近は、日記も月一ペースに陥ってしまいました(>_<)
なんだかんだ、仕事が忙しかったり、「おやじバンド」ライブ計画の幹事役を引き受けることとなり、こちらもいろいろ調整が忙しい。
なんてのは、言い訳ってことくらい判ってるんだけどね。

昨日は久しぶりにOFF!!
ということで、DVDを観ました。
何を隠そう、私は「妖精」に憧れて育った少年だったころの気持ちが未だ抜けないらしく「エルフ」や「ゴブリン」の言葉を見たり聞いたりすると、いてもたってもいられなくなってしまうたちなんです。
そんな私が出会った作品が「これ」!
シェークスピアの作品だとは思いもよらず・・・
パックといういたずら好きの「ゴブリン」が、よかったですね。
そして、とてもきれいな妖精の女王様や、魔法を掛けられロバの顔になった男やら、楽しくわくわくする登場人物がいっぱいです!!
風景もイタリアのトスカーナ地方の思いっきり広い草原や森が出てきます。これも気持ちが良いな。
それから、、キューピッドが射た矢で真っ赤になった花から採った媚薬がでてくるんだけれど、「寝ているうちに、目薬みたいにさしておくと、そいつが目覚めて最初にみたものと恋に落ちる薬」なんですよ。
僕も欲しいなぁなんて 不謹慎なことを考えてしまいましたよ(笑)
映画は、こんな突飛な空想さえ許してくれるような楽しい映画が良い。
観おわった後、こころがあったかくなりますよ。
そして、シェークスピアについても多少判った気にさせてくれます(^^♪
真夏の夜の夢
真夏の夜の夢

JUGEMテーマ:日記・一般


| 映画関連 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | - | - |









http://elton.jugem.jp/trackback/70