<< 若気の至り ジャケ買いシリーズ  | main | ジャケ買いシリーズ 3 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

マイクロソフトの呪縛から開放されたおじさんのつぶやき!
いつから、コンピューターの世界は「パソコン」中心になっちまったんだ。
そして、いつから、マイクロソフトが「ゲイツ警部」が世界を牛耳るようになっちまったんだ。
新しいソフトに「トラブル」は付き物だと、誰が言い出したんだ??
「ゲイツ警部」かい?
僕は、「Firefox」が出てから、ずーっと「IE」を使っていない。
唯一、使うときは、IEにしか対応していない「Gyao」の音楽ムービーや映画の視聴に必要なときだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/24/news068.html

思い起こせば、20年以上前。ソフトハウスの現役SEであった私が得意としていたのは、大型汎用コンピュータの「SYSGEN」と呼ばれる作業であった。
業務の流れの把握から始まり、それに必要な資源の計算、ワークフローの見直し、そして、CPU、メモリーの然るべきところへの然るべき量の配分、そのパラメータ設定 etc. そして、稼動状況のウォッチと分析。その情報のフィードバック。などなど。。
お〜いっ!! 現役SEたちよ。
いつから、システムの根幹を見ずに「ソフト」を創るようになっちまったんだい?
処理能力を超えるトラフィックを、想定できない「システム提案」をして、商品にしちまうようになっちまったんだい?

http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20292367,00.htm

| コンピュータ | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | - | - |









http://elton.jugem.jp/trackback/46