スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

港街探訪の巻

「熱いヨル!」も無事に終わり、
先日、会社の福利厚生(?)の一環である従業員親睦旅行で「函館」に行ってきた。  新幹線で「八戸」まで移動。 そして、青函連絡トンネルを通り「函館駅前」で、イカの踊り食いというやつを体験。
(しょうゆを射すとなぜかイカの足が動きまくるという ちょいと残酷な イカ刺し定食だ。食べるのに夢中で、残念ながら激写していない)


そこから、バスで「大沼国定公園」まで足を運び、ご覧のような「森林浴」と素晴らしい「駒ケ岳」の眺めを堪能した。
岩手も自然の宝庫であるが、北海道はどこか違う。
どこが違うんだろうと考えてみたら・・・・
山が遠いのだ。 そして、木々も密集していない。
これが、北海道のさわやかさの源なのだなぁ と勝手に思いつつ「森林浴」を愉しんだ。

そして、定番の「函館山」夜景堪能ツアーである。
この日は、奇跡的に晴れていて写真のような眺めにお目にかかれた。
ガイドさん曰く、「あなたたちは、ラッキーですよ。 この時期の函館山はガスってることが多くて、がっかりして帰るお客さんが多いのに・・」


そして、翌日は念願の「自由行動」の日
朝風呂につかり、英気を養った後 朝食に「函館カレー」を食べ、皆「朝市」で買い物に勤しんでいるのを尻目に、我が目的地は・・・
函館市文学館
函館が育んだ文学者や作品を後世に語り継ごうという趣旨で設立されたという。
今 東光さんや久生十蘭、そして辻 仁成という作家たちもさることながら、石川啄木である。
岩手の生んだ詩人ということで有名な啄木であるが、この函館市文学館では「半分以上のスペース」を啄木に割いていた。 扱いが違うのである。
時間をかけて「啄木」という人を辿ったのは、恥ずかしながら今回が初めてである。
27歳で亡くなる波乱の生涯を終える啄木が「北海道」で過ごしたのは僅か11ヶ月、そのうち函館では4ヶ月ほどしか暮らしていない。
でも、この4ヶ月の密度は相当に濃かったようで、函館を去ってもここでの人脈は亡くなる直前まで続いていたようだ。
だから、扱いが違うのだろう。

函館という街は、文学者や芸術家にはとても優しいまちだったのだろう。
他の作家のコーナーにしても、その人となりを形成したのが「函館」そのものなんだなぁと思わせる。
300円で至福のときを過ごしたのである。

| 諸々 | comments(1) | trackbacks(0) |

思い出したぞ!
昨日の夜 何気なくテレビを見ていたら「お天気コーナー」で気になることを言っていた。
「天気予報で発表される気温は、日陰で測った気温だから、実際の体感温度はそれよりも4度以上高いのだ。 だから 注意が必要だ。」と

確かに、小学生の頃 百葉箱なるもので 当番の人が温度や湿度を計って日誌をつけていたような記憶がある。
確かに、百葉箱の中は日陰だ!
いまでも、あるのだろうか? 百葉箱!!



あっ 思い出したぞ! 温度計(赤いアルコールの入ってるやつ)は、直射日光に当てると、ガラスがレンズの役割をして、破裂する危険性があるから、直射日光には絶対当てるな! と 当時の理科の杉沢先生は言ってたっけ。

温度計にもいろいろあるらしい。

いずれにしろ、この夏は日本列島全体が暑くなっているようだ。
岩手も東京も鹿児島も「大差なし」らしい。

熱中症にならない基本は体温を下げることらしい。

様々な方法があるようだが、首の後ろのほうに冷えたタオルを当てたり、氷をタオルに包んで当てるだけで、結構体温は下がるらしい。 首(頚椎付近)は、とても太い血管が走っていてその血管を冷すことが体温を下げるらしいのだ!

Let’s Try!






JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 諸々 | comments(0) | trackbacks(0) |

神田川にタヌキ??
春一番が全国各地で吹き荒れた翌日、東京地方は春を通り越して初夏を思わせるような陽気だったらしい。
岩手は、若干遅れた「春一番」が昼過ぎまで吹き荒れたバレンタインデー。
http://mainichi.jp/select/today/news/m20090215k0000m040024000c.html
神田川に、しかも文京区という都心にタヌちゃんが出没したらしい。
微笑ましいニュースじゃの〜と と 部下の女性陣からいただいたチョコをほおばりながら
昔を思い出してしまった。
東京に住んでいた頃、三鷹市井の頭でアパート暮らしをしていた頃の話だ。
30歳になったのを機に煙草を止めたエルトン捜査官は、マラソンを趣味にしていたらしい。
最初は5Km、次は10kmと次第に距離を延ばし、初めてのフルマラソンは「香港マラソン」
週末はジョギングに勤しんでいた彼は、渡航する一週間前にこの「神田川」を走破したのだという。
住まいが井の頭ということもあり、普段は公園内を何週も回っている程度だったが、神田川の源流
が、公園内にあるということを知り「神田川」散策の旅に出ようと思い立ち、冷たい風が吹く東京の街を走ってみようと思ったらしい。
まさか、その思い出の場所にタヌキが出没するとは・・・・

バレンタインで思い出すのは、中学の頃だったかな? 大好きだった同級生の彼女を屋上に呼び出し
「ハートチョコレート」を渡したことを思い出してしまう。
幼き日々の恋の思い出ってとこか??

今夜は、このアルバムで「恋の夢」を観る事にしよう (^_-)-☆


JUGEMテーマ:日記・一般
 
評価:
アンドレア・ボチェッリ
ユニバーサル ミュージック クラシック
¥ 1,865
(2000-06-28)

| 諸々 | comments(0) | trackbacks(0) |

立春です
昨日は、「節分」、今日は「立春
季節を感じる 日本ならではの味わいのある「節目」の決め方
そう、二十四節気です。
我が家では、節分の夜は自分の歳の数と同じ数の豆を目を瞑って枡から見事取り出せると
健康で幸せに暮らせるのだという 慣わしがあります。
お見事〜っ!といいたいところですが、惜しくも四粒ほどオーバーしました
でもなんとなく「幸せ」なのは何故かな??
先日行われた「上映会」が予想を裏切る大成功を収めたからかなぁ??
70人を越えるお客さん、そしてプロデューサー・監督の挨拶にも まるで、自分のことのように
嬉しくて、ひっそりメガネの下に涙を隠すエルトン捜査官がいるのでした。
老眼鏡も、こんなときには便利なのデス。
監督にはこれからも「精進」して、皆を感動の洪水に連れて行ってくれる心温まる作品を創って
ほしいと願ってマス。
で、「立春
二十四節気をさらに細分化して5日ごとに3つに分けた「七十二候」があります。
それによると初候「東風解凍」、次候「黄鶯睍察廖∨侯「魚上氷」なんだそうです。
気になるのは次候、 あと一週間もすると・・・・・・
ほんとうに山里で鶯が啼きはじめるの? でしょうか?

Written with Music
Elton John ”Don't Let The Sun Go Down On Me”


JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 諸々 | comments(0) | trackbacks(0) |

20年生きるといふこと
やっと冬らしくなり、車の中に置き忘れたペットボトルの烏龍茶もカチカチに凍っている。が、相変わらず雪は積もらない。
降るのだが、いわゆる「ぼた雪」泣き顔
このままでは、「春」はどうなるのか? 水不足になったりはしないか?と思い、何気に「北上川」をチェックしたら・・・・・ かなり「水位」が下がっていた。
今日は、「成人の日」ということで、大人の仲間入りをした若者をお祝いする日だ。
地元では昨日「Sホール」で盛大に行われた様子。
見ていると、次から次に親の運転する車で送られてくる若者たち。女性陣は振袖100%だった。ピンクあり白あり、そして粋な「黒」を着こなしている女の子たちも・・・
男性陣は80%スーツ姿、紋付袴姿も割りと見受けられた。
そして、びっくりしたのが親や家族の人たち用に「控室」なるものが用意されていた。
思い起こせば遥か昔、僕の成人式は、「横浜市鶴見区」だった。 当時、東京の会社に就職した僕は、横浜の寮に住んでいた。住民票を横浜に移していた関係で通知が来たらしい。 田舎育ちの僕は回りに知っている奴がいる筈もなく、何も印象に残っていない成人式だった。寮の仲間たちがお祝いの飲み会を開いてくれて、川崎の駅前でボーリングをし、居酒屋〜スナック〜ナイトクラブを梯子して?初めて自分を見失うほど酒を飲んだことが、かろうじて思い出される。 
一時期「成人」の彼らの傍若無人ぶりが話題になったこともあったが、地元で親に大切に育てられたおとなしい若者たちの成人式。
ふるさとを離れて成人式を経験した「エルトン」捜査官は、何故か物足りなさを感じているのでした[:がく〜:]
カルロス菅野シングス!
あの熱帯JAZZ楽団の団長が、な〜んと50歳にしてボーカリストデビュー???
ここ1ヵ月の通勤時のヘビロです。 一緒に車で歌ってますムード 
カルロス菅野シングス!
熱帯JAZZ楽団
JUGEMテーマ:日記・一般


| 諸々 | comments(3) | trackbacks(0) |

特大iPodをお供に・・・・・


長〜い、長〜い旅に出ておりました!というのは冗談で、寄る年波には勝てず・・・・・

特大?? んなもんあるわけ無いじゃないですか。

iPodも元を正せばコンピュータなんですぜ。 旦那。

ということで、我愛機MacBook(昨日某国営放送を見ていたら、あの茂木健一郎さんも同じ機種だった(^^♪)を、iPod代わりに車に乗せ、旅をしてきました。

iTunesは、どんどんブラッシュアップされて使うのが楽しくなり、最近はCDコレクションの整理も兼ねどんどんMacくんに放り込んでおります。
本日現在2738曲取り込んでます。 でも・・・・・・・ 部屋には未だ取り込んでないCDが半分以上、そして懸案のLPレコードもあったりします。
果たして、我野望(音楽コレクションデータベースの作成)は達成できるのでしょうか? 乞うご期待!!

久しぶりの日記更新なんで、プロフィール写真も替えてみました。気分一新です。
この写真は、九州にいるマイミクの麗しき女性が楽しく日記に書いておりましたので、早速使わせていただきました<(_ _)>
そのうち、わたくしがあちこちに出没した写真が出回るかもしれません(笑)
JUGEMテーマ:日記・一般


| 諸々 | comments(0) | trackbacks(0) |

とりあえず・・・
○○しておこうとか?
とりあえず、こうしておいて・・・・
ってのが、「暫定」という言葉の意味するところ。
最年少プロゴルファーの「石川」くんも「暫定首位」だったし、
イラクのフセイン後の政権も「暫定政権」だった。
前者の場合は一日。 後者だって約一年間の「とりあえず」だったのに・・・
今騒がれている「暫定税率」は30年もの間「暫定」だったらしい。
一般的な感覚からするとどうなんだろう。 これは「暫定」というよりも
「先送り」といったほうが良くはないか?

でも、そんな言い方すると納得してもらえないから・・・
さわらぬ神に祟りなし的な感覚で「政治家」の皆さんは避けてきたのだろうね。きっと

「政治家」にしても「公務員」にしても「とりあえず、自分が現職にいる間は 波風たてずに恙なく過ごしたい」という感覚が強いように思うのは、私だけではないだろう。
暫定税率を決めた30年前は、角栄節が健在だったいわゆる「高度経済成長期」。
社会や経済の流れがこれだけめまぐるしく変化している現在(いま)は、成長しているのかすら判らない「低成長期?」(衰退期??)。
こんな時代に、旧態然とした感覚を持っている人たちが「国」や「地方行政」の舵をとっているのだと思うと、情けなくなってしまう。
でも、「お金」も無く、「人脈」も無く、そして「権力」も無い自分にいったい何が出来るというのだろう。

結局、とりあえず今のままが良いのかな?と・・・・

思いながら、我精神の逃げる道は・・・音楽!!
最近マヌーシュにハマっているわたくし (^^♪
今日はマヌーシュの元祖かもしれないギタリスト「エディラング」です。
古き良き時代に思いを馳せながら・・・あなたも ど・う・ぞ!!
Jazz Guitar
Jazz Guitar
Eddie Lang


JUGEMテーマ:日記・一般


| 諸々 | comments(1) | trackbacks(0) |

一ヶ月ぶりの更新
この一ヶ月は、エルトン捜査官にとって、受難の連続であった。
年明けの会社のパソコンのウィルス騒動が一段落したあと、ハードディスク異常のパソコンが続出したり、果ては「家で使用中のデスクトップpcまでもが、立ち上がらなくなってしまったり・・
暖冬に誘われるかのように、システムトラブルが続出したのであった。
週末は、新規オープンのレストランが以外に好調で、そのお助け隊として働いたり、
長年私を支えて来てくれた部下が3月に退職などという、ショックな出来事もあったりでなかなか、ブログともまともに向き合えないでいた。
でも、嬉しいこともあったようだ。
このブログを読んでくれてるひとのおかげで、なんとアフィリエイトの振込み連絡があったのだ。高々300円ほどなのだけれど、期待していなかっただけに、喜びもひとしお!!
以前にも「乱れている日本語」について書いたが、トラブル続きでシステムの再インストールをしながら(インストールとは、cdを入れパソコンの前でひたすら画面を睨みつつ待つことをいうらしい)気づいたことがある。
ここでも、乱れているのだ!
というか、ここが乱れの元凶なのかと・・・・
例を挙げると、
「更新がインストールされています」という言葉
これは、おかしい! 何がおかしいかってメッセージを出しているのはソフトウェア本体だ。主体がソフト(パソコン)であるのだから、メッセージを読むユーザの立場になったとき、「更新をインストールしています」という言葉のほうが「読む」立場でものを考えたときしっくりくる。
挙句の果てに
「お使いのコンピュータは正しく更新されました」だと??
「お使いのコンピュータを正しく更新しました」ではないのかね。ワトソンくん!
という感じでぼろぼろと出てくるではないか。
良心的というか、まともだなぁと思ったのは某T社
「ウィルスバスター2007をインストールしています。しばらくお待ちください」
「ウィルスバスターがコンピューターからウィルスを検出しました」
普通に読める日本語になっていた。

エルトン捜査官の調べによると、これは、「マイクロソフト」の陰謀であることがわかった。(なっ 何を証拠に・・・)
というか、穿った見方ではあるがそう考える人がいてもおかしくない粗末な日本語が、コンピュータ業界では、まかりとおっている。ということだ。
この20年ほどで、IT産業に従事する人は飛躍的に伸びたはず。
そして、その恩恵を受け、一般の人たちが「パソコンなどのIT機器」と接する時間も比例して伸びてきている。必然的に「乱れた日本語」に出会う機会が増え、ITのスピードが優先されるがゆえに、「訂正」する機会も失われ、今に至っているというわけだ。
これが、エルトン捜査官の見解である。

こんな荒んだ日々を↓↓↓が癒してくれたようだ。

エミリー・レムラー/コンポジションズ
エミリー・レムラー/コンポジションズ
エミリー・レムラー(g),ジョン・ダース(tp),エディ・ゴメス(b),perc) ボブ・モーゼス(ds
ボサノバ調の曲や、ウェスばりのオクターブ奏法など、ジャズギターの教科書のような
ギターが楽しめます。最近の通勤のお供になっております。
| 諸々 | comments(0) | trackbacks(2) |

エルトン捜査官の受難の日々
と〜〜〜〜っても、ご無沙汰しとりました。
エルトン捜査官は、お正月から仕事がとても忙しかったようです。
年明け早々、上司のノートパソコンがウィルス感染したことをきっかけに堰を切ったように次から次へと会社のパソコンが・・・
しかも、最近のウィルスは、今までに比べてより一層たちが悪くなってきたようで・・・
ウィルスバスターさえも、欺いてしまうたちの悪さ(+_+)
原因は、家に持ち帰ってPHSでインターネットをしたことが原因だったのですが、
結局、重要そうなドキュメント関係のみフラッシュメモリーにバックアップし、再インストールしました。 が、ここからがほんとの受難。
再インストールが無事終了し、上司の机に持っていって電源を入れても立ち上がらない。
windows2000ロゴ画面が一瞬表示されてはIPLを繰り返す始末。
こりゃ 解体コースだなぁと。ネットでハードウェアの説明書を読みつつ・・・
S氏にもお手伝い頂き、やっとハードディスクを取り出す。
ハードディスクを交換し、再インストールに挑戦し、やっとのことで・・・・
解決したと思えば、次から次へと・・・似たような現象が・・・・
考えてみると2000年問題の頃に入れ替えしたパソコンが、どうやら不調であるということ。 きっと、寿命なんだなぁと(がしかし、同時期に導入したパソコンでもまだバリバリ動いてる方が多いんだけどね (^_-)-☆)
やっと割り切れましたよ。

そんな、エルトン捜査官のお供は
↓↓↓
New day to be seen
New day to be seen
沖仁,沖仁 feat.畠山美由紀,Pablo

フラメンコを超えたフラメンコとは良く言ったものです。
ビセンテ・アミーゴに影響されフラメンコギターを志したという「沖 仁」
ビセンテの影響も随所に感じられるが、それよりもビックリしたのは「ジャズ」や「ボサノバ」のエッセンスも取り入れていること。
通勤ドライブのお供でした(笑)

特に2曲目の畠山美由紀との曲は とっても お勧めです!!
| 諸々 | comments(4) | trackbacks(0) |

乱れているのは・・・・
最近の日本語は乱れている。 若者言葉の乱れは様々なところで言われているけれど、
特に最近気になってしょうがないのは、「が」と「を」の使い分けである。
午前中に下記に抜粋したブログを読んでいて気になった箇所がありました。
>結局のところ、詐欺師がさまざまな脅しや誘導を仕掛けてくるのは、あなたの「反応」が
>得たいからなのです。どんな脅しが来ても一切「反応」しなければ、実際のところ皆さん
>に関しては何も知り得ないのです。

,△覆燭痢嵌娠」が得たいからなのです。
△△覆燭痢嵌娠」を得たいからなのです。
あなたなら、どちらを使いますか? 僕は△鬚茲使っていたので違和感を覚えたのでしょう。

気になって調べてみると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A9%E8%A9%9E
格助詞というカテゴリーに当てはまるのかな? この場合は。
http://www.ic.u-tokyo.ac.jp/japanese/b01_04_j.html
こんなページもあったりして、ますます訳がわからん (+_+)
しかも、最近は顔文字なる新たな表現手段も現れてきたので、地球上では一番難しい言語が日本語なのかなぁと・・・思った次第。

高校のときに、もっと「国語」勉強しておけばよかったなぁ・・

それから、もうひとつ気になるのは、やはり漢字の使い間違いですね。
ワープロ文化の普及も多大に影響してると思いますが、代表格は「内臓」と「内蔵」でしょうか?
「内臓」でググってみたら、ヒットしたうち10%は間違っている。
こればっかりは、月がついてるのは、体に関することだよと「漢文」のときに習ったのをかろうじて覚えてるので、例えば「HDDレコーダ内臓」なんてヤフオクの商品で出品されてたりすると、気持ち悪くて「見る気になれない」のは僕だけでしょうか?

よ〜しっと、↓↓↓を読んでもう少し勉強してみようかな(^^♪

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか
言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか
酒井 邦嘉
| 諸々 | comments(0) | trackbacks(0) |